« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

カルトナージュ * シュシュ箱

先月、初めてカルトナージュのワークショップに参加し
そのご縁で、先生のご自宅でのワークショップへ~shine 

初級の今回はシュシュ箱を作りました。
フタの取っ手部分を綿入りの布でふっくらとheart04
Photo_2

お教室にはおフランスのエスプリが効いた布がたくさんあり
購入することもできますが、
ワタクシはヤワラーで購入したものを持参。
箱の内側は鮮やかな赤にしてみました。
2
作業中は時間内に終わらせたいし、
他の生徒さんに遅れをとってはいけないし、
でもきれいに仕上げたいしで
緊張しながらも、ものすごく集中した時間が過ごせて楽しかった~happy02notes

カルトナージュ用にヤワラーで購入した布やリボン(ラップの芯に巻いてますsweat02
引き出しを見てはニヤニヤしているワタクシですwink
3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カービング

タイの伝統工芸、カービング。
自分で作ったタイ料理を盛り付けるときに
ちょこっと添えられたら素敵かなと習いに行きました。

ベジタブルカービング、初回はこんなカワイイ飾り切り。
Photo_3

2回目、カボチャで菊を彫りました。
3_2


3回目、メロンでお花を。
(時間切れで途中で持ちかえった状態の写真ですが。。。)
2_2
お料理にちょこっと添えられたら。。。
そんな思いで始めたカービング。

ここから先はメロンやスイカを彫るという大作のようなので、
この辺で静かにフェードアウト~catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

over40の会@GREAT SHANGHAI

幼稚園ママの懇親会、第5弾は「over40の会」。
会場はBTSプロンポン駅の下、
スクンビット通り沿いの『大上海飯店(グレート上海)』です。
40

えぇ、今回はごく限られたメンバーで。。。
会員No.1番さんから8番さんの8人(欠席者なし)で。

ワタクシ?No.4ですcoldsweats01

席について全員で顔を見合わせ、意味不明の笑い。むふふ。。。

付き出しのキャベツの浅漬けに虫ちゃんがいても
誰もキャー!とか言わないしcatface 「あ、虫」と冷静。

僕ちゃんと同学年のお子さんはもちろん
お兄ちゃん、お姉ちゃんをお持ちのママもいらっしゃるので
会話は進路や受験のお話など。
ふむふむ、勉強になるわ~。

そうそう、本日のメニューはアラカルトで、
*北京ダック
*ダックのもやし炒め
*ダックのスープ
*小籠包
*海老チリ
*空心菜炒め
*炒飯
*杏仁豆腐
いやぁ、いっぱい食べた!美味しかった~deliciousnotes

次回からはover40定例会ってことで、ちょくちょく集まりましょーhappy01

同じクラスのママさん!随時会員募集中でーすheart04
40_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイカルチャー研究会@patara

幼稚園ママの懇親会、第4弾は「タイカルチャー研究会」。
会場はトンローsoi19の『patara(パタラ)』です。
Patara

ロンドン、ヴィエナ、ジュネーブ、シンガポール、北京に店を構え
12年前にバンコクへ逆輸入にされた本格タイ料理店shine
本日の参加者はママ12名&べビちゃん3名&
iPadを使いこなす小学生女子1名でした。
Patara_2

2階の個室から見るルーフトップバルコニー。
そして手入れの行き届いた素敵なお庭clover
Patara_3

タロイモチップス。
塩加減が絶妙heart04 食べだしたら止まりませんdelicious
Patara_4

クラシックセットから、マンゴーのサラダ(右奥)とスズキのスイートバジル炒め。
Patara_5

姐さん(Tくんママ)、クラシックセットだけでは足りずソムタムを追加オーダーcatface
Patara_6

ところでこの日参加した皆様、
「タイカルチャー研究会」といいつつ、そんな会話しましたっけ?
Patara_7

トゥクトゥクでの送迎サービスがあり、
姐さんとご近所のワタクシは2人一緒に帰りましたぁ。
Patara_8_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母&姉、親子レクetc...

今日は僕ちゃんの幼稚園の親子レクリエーション大会note
学年毎に場所(前庭・裏庭)、時間を変えての開催です。
母と姉も一緒に応援してくれました。

親子全員で記念撮影をして、競技スタート!
Photo

ぶら下がりゲーム「Monky Magic」ではパパとママが持つ棒に
子どもがぶら下がり、紅組・白組2チームずつでリレーしました。
2

「よーいどん」では子ども達が4チームに分かれバトンを持ってリレーrun
僕ちゃんの本気の走りを初めて見たわeyesign01
本人はゴードン(きかんしゃトーマスに出てくる急行列車)に
なったつもりで走ったようです。
3

会場には子ども達の作品も展示。
僕ちゃんのクラスは節分の鬼の塗り絵でした。
力強く塗れていていいんじゃなーいgood
4

親子レクのあとは、深夜便で日本に帰る母と姉のために。。。

☆ジム・トンプソンのアウトレットでお買い物&ランチ

☆タイ衣裳で記念写真撮影

☆ナラヤでお買い物

☆アジアハーブでタイ古式マッサージ

☆MKゴールドでタイスキ

☆エンポリでお買い物

と、半日にギュギュッと詰め込んでみました~。
5
最後までノリのいいお二人。
やはり同じDNAだなーと再確認したワタクシですcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母&姉、アムパワー水上マーケット

午前中アユタヤ観光していた二人と合流し、
夕方からは『アムパワー水上マーケット』へ~busdash
Photo_3

バンコクから車で約1時間のサムットソンクラーム県。
線路市場(傘たたみ市場)があるメークロン駅の近くです。
2_3

2008年にユネスコのアジア太平洋地区の文化遺産保存賞を受賞した
週末(金・土・日)のみオープンする水上マーケット。
3_2

夕方、涼しくなると運河沿いに買い食い屋台がずらりと並び、まるで縁日気分notes
昔ながらの町並みと、あえてレトロ感をだしたお店とが混在。
4_2 5_2
6_3 7_2

プラー・トゥーのTシャツがせいろに入っていて笑えたsmile ↓右は実際のプラー・トゥー。
8 9

僕ちゃんはおばあちゃんにミニカーを買ってもらって超ゴキゲンhappy01
10 

アムパワー運河の下流、メークロン川を眺めながら
「バーン・チョム・ビュー」でタイ料理。
11

バイオリン弾きのお兄さんのCD(100B)を購入。
このブログを書きながら流しているとアムパワーの空気感がよみがえります。
12

細いテーブルとイス。
運河を眺めながらのデートにぴったりかもheart04
13

さて、ボートに乗って蛍鑑賞へ~。
14

明日は幼稚園の親子レク(≒運動会)なんですけど~なんて
野暮なことは考えちゃダメダメ。
今、この瞬間を楽しまなくっちゃーhappy02
15_2

が、このあと、僕ちゃんに悲劇がsign01
蛍鑑賞の中盤、先程おばあちゃんに買ってもらったミニカーを
運河にポチャンと落っことしちゃったーsign03
帰りのバスで大泣きの僕ちゃんでしたぁcrying

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母&姉、タイ古典舞踊→ニューハーフショー

市内観光後半はキングパワー(免税店)→サイアムパラゴンで昼食とお買い物。
ワタクシも昼食代(320B)を払い同行させてもらいました。
Photo_2 2_2
キングパワーのインターナショナルビュッフェ。
グリーンカレーや炒め物が美味しかったわdeliciousnotes
ソフトドリンクも飲み放題だしcafescissors

お買い物の途中でワタクシは僕ちゃんのお迎えのため一旦自宅へ。
その後、幼稚園帰りの僕ちゃんと共に宿泊先のホテルで合流し、
『タイ古典舞踊とマンボニューハーフショー鑑賞』へ~busdash

場所はラマ3世通りを南に車で30~40分。
Photo

まずは「NOPPARAT(ノパラット)」でタイ料理をいただきながらタイ古典舞踊鑑賞。
メニューはトムヤムクン、マッサマンカレー、鶏肉のカシューナッツ炒めetc...
母と姉は辛~いsweat01と言いながらもほぼ完食deliciousrestaurant
僕ちゃん用にカオパットと卵豆腐入りスープを用意してくれました。
3

ラナート(木琴)の優しい音色が聞こえてきて、
いよいよタイ古典舞踊の始まりです。
2

きらびやかな衣裳、優雅な手の動きshine
4

ラーマキエン物語の一幕もありました。
5

その後、同じ敷地内にある『MAMBO』へhappy02
6

バンコクのニューハーフショーで「カリプソ」と並ぶ老舗的存在。
数年前のガイドブックには”注目はマンボのマドンナ、聖子ちゃん”とあり、
今も健在。黒髪で色が白~くて超かわいかったheart04
他にも若いダンサーが育っているなという印象。

僕ちゃんもショーにくぎつけeye
3歳にしてすでに2回もニューハーフショーに行ってしまいましたぁcatface
7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母&姉、市内観光②

ツアー会社のワゴン車にワタクシも乗せてもらえたので
次なる観光名所ワット・プラケオ&王宮へ~rvcardash
Wat_10_2

ここはいつも大人気で本日もたくさんの観光客が。
ガイドさん曰く、これでも少ない方ですって。
Wat_11 Wat_12

短パン、ミニスカート、タンクトップ、キャミソール、サンダルでは入場できません。
入口でチェックされ、必要なら有料で服を貸してくれますよ。
Wat_17

インド神話にでてくる音楽の精霊、緊那羅(キンナリー)像。
Wat_13

塔を支えるラーマキエン物語の鬼と猿。
Wat_14

本堂の前では蓮の花を使って清水を体にかけます。
Wat_15

ワタクシがバンコクの主要寺院に訪れるのは3回目ですが、
来る度に新たな発見があって奥深いわ~。
Wat_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母&姉、市内観光①

僕ちゃんの幼稚園バスを見送ったあと、
バンコク市内観光をしている母と姉に合流すべく
BTS→船でワット・アルンへ~run

ター・ティアン船着場から渡し船でチャオプラヤー川の向こう岸へ。
Wat

が、すでに次の観光名所へ移動していて出会えず。
せっかく来たので一人でぐるっと一周してみました。
Wat_2

ター・ティアン船着場に戻り、お次はワット・ポーへ~run
船着場周辺は干物市場が広がっております。
Wat_18 

大寝釈迦仏が横たわる礼拝堂の前で無事合流。
Wat_5

ここからは母達のガイドさんの説明を一緒に聞きながら後ろからついて行きます。

19世紀、当時の王ラーマ3世は、各分野の有識者を集め
ワット・ポーの本堂や回廊、礼拝堂、そしてそれらの周りに建っている
サーラー(東屋)の壁や柱にタイ医学や占星術・芸術・歴史などに
関する知識を分かりやすく解説する絵や文章を描かせ
寺を訪れるすべての人々に当時最高の知識を開放したのだとか。

それらの内、特にタイ医学やマッサージに関する知識が後世に残り、
マッサージの総本山として知られるようになったそうです。
Wat_6

敷地の一角にはヨガのポーズをとった石像が置かれています。
文字が読めない人でもこれを見れば一目瞭然。
即日ヨガを実行できますね。
Wat_7

そーいえは、昨年秋にやっていたルーシーダットン(タイ式ヨガ)で
こんなポーズ習ったよーcatface
Wat_8 Wat_9


| | コメント (0) | トラックバック (0)

母&姉、来タイ。

今日からワタクシの母と姉がタイに遊びに来ています。
極寒の日本からようこそsnow

初日の夕食はエンポリアムスイートEL(25)階の『The Emporia』。
2

もちろん僕ちゃんも一緒だよnotes
3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲茶の会@Royal Kitchen 

またまた幼稚園ママの懇親会、3学期第3弾は「飲茶の会」restaurant
会場はトンローsoi18とsoi20の間の『Royal Kitchen』です。

広くて明るい店内。
高級中国料理店と謳われておりますが、
お昼は飲茶が40バーツ~と非常にリーズナボーnotes
2

今回の参加者は11名。
はい、姐さん(Tくんママ)も絶賛参加中ですhappy01
5_2

ひとつの円卓を囲み、タイでの出産のお話やら
姐さん(Tくんママ)の金スマ的なお話etc...

あちこちから上がる(会話の)トスを
初参加のSくんママ、Kくんママが見事にアタックpapershine
だいぶ突っ込んだ質問なども飛び交い、会話が広がる広がるhappy02

BGMに流れる中国の歌謡曲(?)のメロディーがちょっと演歌チックで
話の内容からも、”ここは居酒屋?”と錯覚してしまいそうな。。。
飲んでいるチャーイェン(冷たいお茶)も”水割り?”と勘違いしてしまいそうな。。。

本日はそんな濃い~会でしたsmile

後半、笑い過ぎてそのままデザートに突入したので
↓このプーパッポンカリー食べるの忘れてたぁwobbly
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Agalico

ムアン・ボラーンを出てスクンビット地区へ戻り、
蕎麦屋で軽く昼食を済ませたあとは、
スクンビットsoi51『Agalico(アガリコ)』でtea timecafenotes
Photo_2

週末(金・土・日)だけ営業する英国風カフェ。
なかなか来る機会に恵まれず、行きたいな~と思い続け早2年(長っsweat01
2_2
まさか僕ちゃん&おとん と来るとは思わなかったcatface

紅茶はこちらのコーナーから。
ワタクシはLADUREEのマリーアントワネット(一番上のベビーピンクの缶)shine
3_2

お茶とケーキを待つ間、ちょっとお庭を散策。
先程の雨が草花を濡らし涼しげ~。
4_2

マイナスイオンたっぷりで癒されますclover
5

おとん はカフェローン(ホットコーヒー)cafe
6_2

チョコレートケーキとブルーベリーチーズケーキ。
美味しい~heart04
7_2

子連れでちょっと落ち着かなかったけど、
他にもタイ人ファミリーがべビちゃん連れで来ていたので、
僕ちゃんの存在も薄まって良かったわwink
8_2

次回は大人女子だけでゆっくり来てみたいわ~confident
9_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムアン・ボラーン

前日に「明日休みだけど、車使う?」と おとん。
えぇ!使いますとも~!! 

我が家から車で40~50分、
サムットプラカン県の『ムアン・ボラーン(古の都)』へ~cardash

大富豪のレック・ウィリヤパン氏が巨万の私財を投じ、
タイ全土に点在している歴史的な建物を約128万㎡という
広大な敷地内に再現した一大テーマパークです。
Photo
タイの国土に似せた形をしており、地図上の一番南(下の細ーい所)が入口です。

レンタサイクルやカート、トラムもありますが、車でそのまま入ることもできます。

おぉ、あるある遺跡の数々~shine
2 3
4 5

まるで遺跡のサファリパークや~! by彦麻呂 
6

随所に心くすぐる演出がnotes
コチラ、イサーン(東北部)地方の村では、木造家屋に農機具。
7

ソムタムコーナーがあったり、民芸品などのshopがあります。
8 9
お姉さん達も紺色の民族衣装を着ていまーす。

スコータイ遺跡のワット・マハタート。
10
スコータイ、行ってみたいけど優先順位的にはかなり下down
雰囲気だけでも味わえて良かったhappy01
この時点ですごい雨雲が迫ってきていますtyphoon

パノムルン遺跡。(もちろん縮小サイズ)
11

カンボジアとの国境に近い小高い丘に建つクメール王国の神殿碑だそうです。
12

ナーガ(インド神話に起源を持つ、蛇の精霊あるいは蛇神)がとても印象的。
14

僕ちゃんと おとん は 暑いし、遺跡には興味ないしで車で待機。
車内では、おやつ食べ食べ、オモチャで遊んでおります。
13_2

厳かな雰囲気漂う空間で、ワタクシの頭の中では
TBS系「世界遺産」のテーマ曲「The Song of Life」が流れる~note
15

と、そこに おとん のドライバーさんがeye
16
奥サン、ティ ニー スーワイ ナ (ココ、キレイダネ)。

・・・。

次に気に入ったポイント、水上マーケット!
18
なんだかお天気になってきたわsun

実は、本物の水上マーケットにはまだ行ったことがないの~coldsweats01
19 20_3  
いや~ん、楽しそう!

水は決してきれいではないけれど、
天井に反射した水面の光がゆらゆら揺れていい感じ。
21

お食事もできるみたいです。
22

アユタヤ王朝のサンペット宮殿。
現在のアユタヤには基壇しか残っていないそうです。
23

入口で貰ったパンフレットのまんまパクリですが・・・↓

ここを訪れた人々に、タイ民族の昔から現在に至る歴史、文化、
宗教、美術、および生活習慣を理解し、認知する雰囲気へと導く。
ムアン・ボラーンはタイの人々にタイ民族としての根元を思い出させる所。。。

いや、マジですごい。大富豪のやることハンパねぇ。

どうでしたか~。
本帰国直前、まだまだ行っていない所いっぱいある~という あなた!
一見の価値ありですよぉ。
24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフタヌーンティーの会@SALON DE L'ORIENTAL

幼稚園ママの懇親会、3学期第2弾は「アフタヌーンティーの会」。
エンポリアムデパートGフロア、
オリエンタルホテル直営のカフェ『SALON DE L'ORIENTAL』にてshine
Photo

Tくんママ、もちろん参加です!
ご本人の了解を得て、ブログ初登場。
2
姐サン、本日モ オ疲レサマデシタ o(_ _)oペコッ

さて、気になるアフタヌーンティー、上の段はサンドイッチheart04
下の段にクロテッドクリームとジャム2種heart04
3

別皿にスコーン&ケーキ3種heart04
4

マリアージュフレールのお紅茶とともに優雅にshine。。。のはずが、

しゃべる、食べる、(紅茶を)飲む、しゃべる、食べる、飲む、しゃべるっsmile
はぁ~、今日も楽しかったわ~notes

ワタクシのブログの存在を知り、載せてもいいよーなんて
ピースしてくれたHくんママ&Rくんママ。
5
僕ちゃん、顔隠してる状態でも「Hくんママ!」って当てちゃったよhappy02

ワタクシ達がお茶をしている途中からスクンビット地区は雷と大雨rainthunder
乾季には珍しく最近雨が降ることが。
6_2
タクシーで無事帰り着きましたが、アパートの前はこんな感じでしたぁwobbly

あっ、日本でご覧の皆様、↑これはゲリラ豪雨による一時的なもので
1~2時間後には水は引きましたのでご心配なく~paper

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »